ホーム > 青山 碧雲

青山 碧雲

名前 青山 碧雲
カナ アオヤマ ヘキウン
 

プロフィール

昭和8年名古屋市に生まれ、江南市に育つ。若くして書道教室を開き、多数の弟子の指導に当たるかたわら、書道に関するさまざまな問題に考察を試み、書道研究に新境地を拓く。ことに「書家の世界」「題字さまざま」は週間サンケイ、中国新聞「文化」欄、読売新聞「人間登場」欄はじめ多数のマスコミに取り上げられて大きな話題となる。又、中日新聞「回転いす」「私の美術散歩」に寄稿。 現在:書家、書芸研究家、清玉書道会会長、日本書学会会長、江南市美術展運営委員、江南市文化協会副会長、江南ライオンズクラブ会員、書論研究会会員、一宮中日文化センター講師。 著書:『書家の世界』『題字さまざま』(丸ノ内出版)『還暦記念碧雲巡礼』『楊守敬』(燈影舎)『書家の眼で見た 京都の書』『書家の眼で見た 続・京都の書』『書家の眼で見た 鎌倉の書』(木耳社) 受賞:江南市政功労者表彰

このページのトップへ

著作一覧

日本の進路

日本の進路

誇りある「日本人」として生きるために

著者:青山 碧雲
 
書道のすすめ

書道のすすめ

技法書とは一線を画した真の「書道」入門書

著者:青山 碧雲
 
 
鎌倉の書

鎌倉の書

「書」が切り口になった鎌倉ガイドブック。

著者:青山 碧雲
 
続・京都の書

続・京都の書

京都の街にあふれている書の魅力を紹介。

著者:青山 碧雲
 
 
京都の書

京都の書

石碑・刻字の素晴しさを書家の視点から解説

著者:青山 碧雲
 
 

このページのトップへ