ホーム > 書で愉しむ論語

書で愉しむ論語

医者と書家のかたらい

書で愉しむ論語

本書は、論語の入門書であるとともに、書の美を追求した作品集である。※附・孔子の生涯、思想、書的資料

著者 本吉 光隆
幕田 魁心
ジャンル 書道
書道 > 書道手本 > 作品集
ISBN 9784839347666
判型・ページ数 B5・160ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 

内容説明

書家はその言葉を風景にした。その中になにが見えるのだろうか。医者はわかりやすく、やさしい言葉で解説する。そのとき、誰もが著者のぬくもりを感じる。本書は、論語の入門書であるとともに、書の美を追求した作品集である。※附・孔子の生涯、思想、書的資料

このページのトップへ

関連書籍

幕田魁心の書

幕田魁心の書

書業50年の集大成である幕田魁心作品集

著者:幕田 魁心
 
読んで観て楽しい百人一首

読んで観て楽しい百人一首

読めて尚且つ美を鑑賞できる新しい仮名表現

著者:幕田 魁心
 
 
書家と画家が旅するシルクロード

書家と画家が旅するシルクロード

シルクロード憧憬を「書画一体」で表現。

著者:幕田 魁心
沈 和年
 
ステップアップ書道

ステップアップ書道

なぞり書き、清書で基礎から一人で学べる!

著者:幕田 魁心
 
 
書でめぐる 房総文学の旅

書でめぐる 房総文学の旅

房総ゆかりの歌を、美しい写真と書で表現

 
書になった童謡たち

書になった童謡たち

童謡七十一作を「書」として表現!

著者:幕田 魁心
 
 
書で奏でるこころの歌

書で奏でるこころの歌

筆を楽器にして曲を奏でた意欲作。

著者:幕田 魁心
 
 

このページのトップへ