ホーム > 人生の詩

人生の詩  新刊

人生の詩

「すべてのおしえは自然にあり」 荒井茂雄67年間の創作活動の集大成となる大型画集

著者 荒井 茂雄
ジャンル 作品集・美術・工芸 > 作品集(画集)
出版年月日 2014/03/28
ISBN 9784839351670
判型・ページ数 その他・規格外・260ページ
定価 本体6,000円+税
在庫 在庫あり
 

内容説明

すべてのおしえは自然にあり


世の中に存在するもの、現象、すべては「自然」
偶然も突然も不思議も、そう感じるからそうなのであって、みんな自然ですー。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

豊かな 時が居る

もの が ある
あなた が居る

あなた が ものを
  生かしたとき
もの は生きる

生かされた もの には
命 が ある
その 命 があなたを生かす
そして
生きた 空間 が
     生まれる

もの が居る

あなた が居る

豊かな 時 が居る

   詩/荒井茂雄『人生の詩』より

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


目に見えるということ、色を知っていること、道具としての用途を知っていること。
日常に置ける「ものを捉える感覚」や「常識」が、本能(生命)で物をみる・創る感覚を鈍らせるー

油彩、素描、立体、立体コラージュ、版画、そして詩作。
荒井茂雄が生み出す作品は、置かれた場所に「自然にいる」かのように存在する。
気配がないのではなく、「無理をしていない」のである。
そして作品から感じられる「意思(生命)」は、微笑をたたえ、空気をやわらかくする。

「廃物」と呼ばれた物たち。彼ら(廃物)は担った役目においては、寿命が尽きた物である。
荒井は本能(生命)で物を見、彼らが封印していた「不動の本能(生命)」を生かし、芸術作品として蘇らせる。
しかし、荒井のやさしい手で再生した彼らには気負いが無い。
なぜなら「自然」な姿だからだ。自然に「居る」ものとして居場所があるからだ。

収録点数228点、荒井茂雄67年間の創作活動の集大成=「人生の詩」は、現代のみならず次世代の表現者たちへも伝えるべき珠玉の画集となるであろう。

判型:縦255㎜×横255㎜×厚さ22㎜

赤い風景Ⅰ 1979

 宇宙のリズムC 2011

 センリツ 1994

 お元気ですか 1992

このページのトップへ

関連書籍

いつも心が喜んでいるかな?

いつも心が喜んでいるかな?

自身を励ます言葉を添えた荒井茂雄作品集。

著者:荒井 茂雄
 
 

このページのトップへ