ホーム > 書道雑誌文献目録

書道雑誌文献目録  新刊

書道雑誌文献目録

明治〜昭和にかけて発行された 主要な書道雑誌52誌の各号目次(論文・記事)を通観・検索できる、本邦初の「書道雑誌文献目録」

著者 宮澤 昇 編著
ジャンル 書道 > 書道研究
出版年月日 2014/07/20
ISBN 9784839311704
判型・ページ数 B5・1278ページ
定価 本体20,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

口絵(掲載書道雑誌表紙画像)
書道雑誌考─宮澤 昇─ ……………03
 ※雑誌に付した氏名は主幹・代表者等を主とした。
筆之友(書道獎勵會) ……………19
龍眠(龍眠會會報) 中村不折 ……………59
書道及畫道・改題東洋藝術(書道及畫道社) 井土靈山 ……………69
書勢(大同書會) 日下部鳴鶴 ……………105
書畫之研究(書畫研究社) ……………167
文字(文字倶樂府) 高田竹山 ……………173
不律(不律會) 長谷川流石 ……………181
碑帖大觀(書道研究會) 吉田苞竹 ……………223
書之研究(甲子書道會) 川谷尚亭 ……………243
書鑒(寧樂書道會) 辻本史邑 ……………261
書齋(書齋社) ……………371
書學(黒池會) 黒木拜石 ……………345
書道(日本書道作振會) ……………353
書道春秋(書學院) 比田井天來 ……………357
(書道春秋・改題 )書藝(平凡社) 野本白雲 ……………371
實用書道(大日本書道院) 比田井天來 ……………383
書道(泰東書道院) ……………393
書道藝術(書道藝術社) 上田桑鳩 ……………483
書之友(雄山閣) ……………509
書道(雄山閣) ……………569
雕蟲(長思印會) 石井雙石 ……………573
書勢(書學院) 比田井天來 ……………625
健筆(靑葉書道院) 上田桑鳩 ……………639
書道教育(啓文社) 吉田苞竹 ……………649
書海(書海社) 松本芳翠 ……………657
書と詩畫(審美書院・書と詩畫會) 飯島春敬 ……………687
書典(書典社) 恒川樵谷 ……………703
興亞書報(興亞書報聯盟) ……………715
碧樹(青郷書院)・改題 蒼穹(碧樹書社)  鈴木鳴鐸 ……………727
書の美(研精會) 上田桑鳩  (主幹) 森田子龍 ……………743
書原(書原社) 大澤雅休 ……………759
(玉藻・改題)現代書藝(現代書藝院) 手島右卿 ……………775
新興日本書道(新興日本書道會) 鈴木翠軒 ……………783
すみ(書心社) 香川峰雲 ……………789
書法(青藍書道會) 松井如流 ……………793
書品(東洋書道協会) ……………803
書藝大觀(凌雲會) 津金寉仙 ……………873
書道(平安書道會) ……………897
墨美(墨美社) 森田子龍 ……………901
龍門(墨美社) 森田子龍 ……………935
墨人(墨人會) ……………941
奎星(奎星會) 上田桑鳩 ……………971
書道(五禾書房) ……………1015
書道美術(日本書道美術院) ……………1079
近代書道グラフ・書道グラフ 青山杉雨 ……………1097
印奴(白紅社) 松丸東魚 ……………1127
東洋の美(二玄社) ……………1131
由蘖(由蘖会) ……………1137
書のフォーラム(翠書房) ……………1141
書学(日本書道教育学会) ※特集題目のみ掲載 ……………1169
書教育(日本書教育学会) 森田子龍 ※特集題目のみ掲載 ……………1181
〈参考〉書鑒(書學會) ……………1187
終わりに ……………1195

※注:本文中(活字)では旧字で表示しているものを、ネット表示のために新字表記にしている箇所があります。ご了承下さい。

このページのトップへ

内容説明

明治から大正、昭和にかけて発行された書道雑誌は、近・現代の
書を研究する上で不可欠な基礎資料である。
主要な書道雑誌52誌の各号目次(論文・記事)を通覧・検索できる、
本邦初の「書道雑誌文献目録」、ついに完成!


編者は文献を調べ、論考をまとめていく作業の中で、書の世界は近代についての調査・研究が、美術などの他分野と比較して、いかに遅れているかを痛感させられた。
書道雑誌は時代を映す鏡であり、近・現代の書を研究する上で不可欠な貴重資料である。
現代に至るまで盛んに刊行された書道雑誌ではあるが、それらを調査することは現在まで見過ごされてきた。
その理由として雑誌の場合、残念な事に時代とともに処分されたり散逸したりと、全冊通覧するのが難しく、実見する上においても古書店や所蔵者などが頼りで、必要事項を検索する上において困難を伴う事が多かった。
しかし、こういった問題点に対処し、なおかつ次代の研究者への書道研究の基礎資料となるよう、書道雑誌に取り上げられた論文・記事を主とし、各号の目次と懇切な人名索引を掲載したのが本書である。
雑誌ごとに章立てられ、何号にどのような記事が載っているのか一目で見渡すことができ、各人が雑誌の原本に当たれるよう編纂された。
膨大な数の雑誌を目録によって通覧できるようにまとめ上げた研究者必携の労作である。

頁見本(画像をクリックすると拡大画面が表示されます)

組版見本「書勢(大同書會)」

 

組版見本「書之友(雄山閣)」

このページのトップへ

関連書籍

鵞湖・津金寉仙

鵞湖・津金寉仙

書の真髄に迫る労作。語録・年譜付。

著者:宮澤 昇
 
『梧竹堂書話』の研究

『梧竹堂書話』の研究

『梧竹堂書話』の思想を考察する!

著者:内村 嘉秀
 
 
貫山夜話

貫山夜話

戦前日本中国硯の研究第一人者による連載本

 
相川鐵崖古希記念 書学論文集

相川鐵崖古希記念 書学論文集

成熟した論文から、若手研究家の論文まで

著者:相川 鐵崖
 
 
”脱”書道界

”脱”書道界

広い視野で書かれた芸術論で書壇に問題提起

著者:土屋 弘鳳
 
21世紀・書の世界は変わった?

21世紀・書の世界は変わった?

著者からの現代の書・鑑賞への提言。

著者:堀 久夫
 
 
図説 書法用語詳解

図説 書法用語詳解

書道用語の中から内容別に分類し解説した。

著者:森 高雲
 
続々・図説 書法用語詳解

続々・図説 書法用語詳解

古書論解読研究の金字塔完結!!

著者:森 高雲
 
 
続・図説 書法用語詳解

続・図説 書法用語詳解

『図説 書法用語詳解』の続編。

著者:森 高雲
 
 
書道鑑賞手帖

書道鑑賞手帖

中国と日本の書の名蹟二百余点を選定。

著者:近藤 高史
 
 

このページのトップへ