ホーム > 創作への道(漢字かな交じり書編)

創作への道(漢字かな交じり書編)  新刊

独創的な書の世界

創作への道(漢字かな交じり書編)

漢字書、かな書の集大成「漢字かな交じり書」は古典学習の裏付けにより、独自の発想、創作的な表現が更に活かされる。

著者 幕田 魁心
ジャンル 書道 > 書道手本 > 入門書
書道 > 書体別
シリーズ 創作への道
出版年月日 2015/07/25
ISBN 9784839311940
判型・ページ数 B5・144ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
 

目次

第一章 漢字とかなの調和
 創作へのかけはし
 字形
 書風
 創作
 各書体による表現

第二章 古典に基づいた展開
     
第三章 用具を考える
 筆の工夫
 筆の違いによる多様な表現
 剛毛筆による表現
 柔毛筆による表現
 筆の特性を生かした表現①②③④

第四章 表現を考える
 線筆
 墨量の変化
 文字の大小の変化と行のうねり
 運筆のリズム
 疎密の変化
 点画の強調
 抑揚
 潤筆と渇筆
 背勢と向勢
 変化と調和
 さまざまな書風と構図

創作

資料編

このページのトップへ

内容説明

長い歴史のある「漢字書」や「かな書」には手本となる古典が多々あり、研究された参考文献も多数出回っている。それに比べ、「漢字かな交じり書」の分野は、提唱されてたかだか5〜60年。未だに的を射た参考文献も乏しい。

しかし、今社会に求められているのは「読める書」「分る書」。心にも響く詩や言葉を書き留めたい、書で表現したいという意欲を満たす書表現が「漢字かな交じり書」といえる。

漢字書、かな書の集大成としての「漢字かな交じり書」は古典学習の裏付けにより、独自の発想、創作的な表現が更に活かされる。

↑クリックすると拡大します

古典の持つ普遍の美を享受したもので無ければ独りよがりに終わってしまうが、かといって古典の呪縛から離れられないままでは行き詰まってしまう。

↑クリックすると拡大します

本書は各自がその時の力量で独自の「漢字かな交じり書」に挑戦できるよう編纂されている。どうしても頭にこびりついた古典の美から離れられない方は、第二章の「古典に基づいた展開」を参考に、習得した古典の美を生かすところから始めると良いだろう。

↓第二章の「古典に基づいた展開」より

↑クリックすると拡大します

↑クリックすると拡大します

著者特有の表現方法を「極めるシリーズ」を基本に、新しい作品づくりの一助となるよう丁寧に解説した。

 

このページのトップへ

関連書籍

五体で書く四字書(下)

五体で書く四字書(下)

四字熟語25句を、五体で奔放に書き分ける

著者:幕田 魁心
 
創作への道(篆書編)

創作への道(篆書編)

篆書の造形美を自由闊達な書表現へ昇華!

著者:幕田 魁心
 
 
創作への道(隷書編)

創作への道(隷書編)

「独創的な書の世界」を拓く方法論を展開。

著者:幕田 魁心
 
創作への道(草書編)

創作への道(草書編)

草書に挑戦し、感性を磨こう!

著者:幕田 魁心
 
 
創作への道(行草編)

創作への道(行草編)

行書の段階的な手ほどきをしてくれる独習書

著者:幕田 魁心
 
創作への道(楷書編)

創作への道(楷書編)

書学中級・上級者待望、そして必携の一冊。

著者:幕田 魁心
 
 
極める!篆書

極める!篆書

個性的な篆書の世界を自由自在に表現。

著者:幕田 魁心
 
極める!漢字かな交じり書

極める!漢字かな交じり書

漢字とひらがなを自由自在に作品に表現。

著者:幕田 魁心
 
 
ひらがな・カタカナ字典[極める!漢字かな交じり書]

ひらがな・カタカナ字典[極める!漢字かな交じり書]

書作に役立つひらがな・カタカナの字例集。

著者:幕田 魁心
 
極める!草書

極める!草書

草書の名跡を具体的に解説、創作へと展開。

著者:幕田 魁心
 
 
極める!行書

極める!行書

行書の名跡を具体的に解説、創作へと展開。

著者:幕田 魁心
 
極める!隷書

極める!隷書

隷書の名跡を具体的に解説、創作へと展開。

著者:幕田 魁心
 
 
極める!楷書

極める!楷書

字形・用筆の特徴を、細かく分析・図解。

著者:幕田 魁心
 
書になった童謡たち

書になった童謡たち

童謡七十一作を「書」として表現!

著者:幕田 魁心
 
 
書で奏でるこころの歌

書で奏でるこころの歌

筆を楽器にして曲を奏でた意欲作。

著者:幕田 魁心
 
グランパからの贈りもの

グランパからの贈りもの

自在な筆で日本のむかし話を見事に表現。

 
 
書の風景

書の風景

すべての書体を自在に操り、多彩に表現。

著者:幕田 魁心
 
桜花爛漫

桜花爛漫

万葉から現代までの桜の詩歌を書で表現。

著者:幕田 魁心
 
 
書でめぐる 房総文学の旅

書でめぐる 房総文学の旅

房総ゆかりの歌を、美しい写真と書で表現

 
読んで観て楽しい百人一首

読んで観て楽しい百人一首

読めて尚且つ美を鑑賞できる新しい仮名表現

著者:幕田 魁心
 
 
書家と画家が旅するシルクロード

書家と画家が旅するシルクロード

シルクロード憧憬を「書画一体」で表現。

著者:幕田 魁心
沈 和年
 
幕田魁心の書

幕田魁心の書

書業50年の集大成である幕田魁心作品集

著者:幕田 魁心
 
 

このページのトップへ