ホーム > 自己治癒力を高める知恵

自己治癒力を高める知恵

ストレス社会を健康に生き抜く方法

自己治癒力を高める知恵

病気を一歩手前で防ぐ生き方・考え方を易しく解説しながら、医療の原点を見直し人間を自然の法則に沿って健康な状態にする医療を提言

著者 中島 旻保
ジャンル 生活実用書
出版年月日 2009/12/31
ISBN 9784839369897
判型・ページ数 B6・128ページ
定価 本体1,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

はじめに「人間主体の医療のために」……………………3

序 章 医療の原点とは…………………………………11

第一章 気づきの章「環境と病気の関連性」……………19 
    1 現代社会が作り出す病気の実態 ……………20
    2 人はなぜ病気になるのか ……………………23
    3 高齢化・介護社会の医療のあり方……………26
    4 三十歳代から四十歳代の働く人の健康………32
    5 ネット・ケータイ世代の抱える問題……………35

第二章 学習の章「医療を正しく理解する」……………39 
    1 あなたは健康になる …………………………40
    2 生きる喜びが大切です ………………………42
    3 病気を治すための医療とは …………………45
    4 現代社会における人間関係のあり方 ………48
    5 欧米と日本の医療の歴史と変遷 ……………51
    6 現代社会を救うヒポクラテス医学 ……………57
    7 東洋医学と西洋医学の違い …………………62
      コラム「ヒポクラテスの誓い」…………………66

第三章 安心の章「健康になるための基礎知識」 ……67 
    1 病気になるシステムを知る …………………68
    2 自己治癒力を高める…………………………72
    3 医療との正しい付き合い方 …………………76
    4 食の重要性と正しい精神の持ち方 …………81
    5 現代人の癒しとは……………………………85
    6 私の治療の実際………………………………87

第四章 希望の章 「私たちの幸せを支える医療」 ……91 
    1 未来の医療の方向性…………………………92
    2 ビジネスマンのための医療システム…………98
    3 統合医療の必要性……………………………102
    4 患者さんが求める理想的医療 ………………112


おわりに 「次代を担う子供たちのために」………………118

このページのトップへ

内容説明

自己管理と自己調整力で自己治癒力を高める。病気を一歩手前で防ぐ生き方・考え方をやさしく解説しながら、医療の原点を見直し人間を自然の法則に沿って健康な状態にする新しい医療のあり方を提言する。

 

カバー解説文より

生涯現役で『夢』を追い求めるためには心身の健康状態を保つことが大切です。
介護問題・ネット社会によるコミュニケーション力低下・食の安全性など、現代人は
表面的な豊かさと矛盾するように健康を失うストレス環境にさらされています。
健康を維持するためには病気になる要因と健康状態を保つシステムを理解し、自己防
衛(治癒)力を高めることが必須です。
病気を一歩手前で防ぐ生き方・考え方をやさしく解説しながら、医療の原点を見直し
人間を自然の法則に沿って健康な状態にする新しい医療のあり方を提言いたします。

このページのトップへ