ホーム > お知らせ > 張大順・無料セミナーのご案内

張大順・無料セミナーのご案内

小社より、甲骨文関連の書籍を多数出版していらっしゃる張大順先生の無料セミナーのご案内です。

「甲骨文から見る中国文化」と題し、全5回にわたる講演会となります。

【無料セミナー】
中国漢字文化シリーズ講演会 「甲骨文から見る中国文化」

この度、東京中国文化センターにおきまして、全5回にわたり中国漢字文化シリーズ「甲骨文から見る中国文化」』の講演会を開催いたします。

講師には、日本での甲骨文書道研究学者であり、書道家・篆刻家 張大順氏をお迎えし、中国最古の漢字(甲骨文)を通じて日中文化の理解を更に深めるためにご講演していただきます。

漢字は中華民族文化の核心であり、中華文明の代表です。また、漢字は中華民族の文化、歴史、世界文明の生成と発展に、非常に重要な促進作用をもたらしています。

甲骨文の100文字を用いて漢字形成の分類解読や解析(有形文字)、博大な(無形的文化)中国文化(民族風俗、時代特徴、社会発展、祖先智慧、美意識等)を皆様と一緒に見ていきます。 「なんとなく知っていた…」から「なるほど!」という発見とともに、更に一歩深く感じ、中国伝統文化の精髄と魅力に感動し、愉しみましょう!

ご多用中とは存じますが、多くの皆様のご参加をお待ち申し上げまして、ご案内申し上げます。

詳細は下記、またはチラシ画像にリンクされているPDFファイルをご参照ください。

▲上記チラシ画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

 

講演内容【全5回】

・1回目:3月16日(水) テーマ「人体関連」
・2回目:4月20日(水) テーマ「動物類」
・3回目:5月18日(水) テーマ「自然類」
・4回目:6月15日(水) テーマ「器具類、建築類」
・5回目:7月13日(水) テーマ「植物類、農作物類」

いずれも午後2時~3時半 (時間割:60分講演、30分質疑応答)

【内容】 現在、甲骨文字における常用文字は約1200文字。この中から代表的な100文字を抜粋し、 各回のテーマを決め、漢字にまつわる歴史を基本に、甲骨文を文化面から漢字の特徴を 解説するとともに、芸術面から漢字の書写芸術についても触れる。
また、中国語発音(ピンイン)、日本語発音(音読・訓読)、文字書写の要領等を学ぶことができる。

【会場】 東京中国文化センター
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-5-1(37森ビル1階)
日比谷線「神谷町」駅4番出口より徒歩5分、 または銀座線「虎ノ門」駅2番出口より徒歩7分

【申し込み】 FAXまたはメールでお申し込みください。
FAX:03-6402-8169 / E-Mail:info@ccctok.com
①参加氏名(フリガナ)
②電話番号
③メールアドレス
④希望参加日 を明記のうえ、東京中国文化センター宛にFAXでお送りいただくか、 メールの件名を「甲骨文から見る中国文化申込」とし、ご送信ください。
ご一緒に来られる方がおりましたら、その方の氏名も併せてご明記願います。

 ※講演会の内容に関する問い合せ:
・連絡先: 日本甲骨文書道研究会
・Tel: 050-5583-0397
・E-Mail: jp.ksk@hotmail.com

※会場に関する問い合せ:
・連絡先: 東京中国文化センター
・Fax: 03-6402-8169
・E-Mail: info@ccctok.com

 

※張大順氏の活動に関する記事は下記ご参照ください。クリックでサイトに飛びます。

《日本語》
NHK番組出演の紹介
殷墟甲骨文発見110周年記念・特別公開講座 

《中国語》
用甲骨文引導日本人了解中国文化
張大順甲骨文体研究引人注目
甲骨文書道界的領軍人物
中国美術学院甲骨文高級研修班特聘導師
倡導甲骨文書法革命
“甲骨文書法歌”10米巨作亮相東京
記念王懿栄発見甲骨文110周年(動画)
張大順甲骨文書法推陳出新
日本甲骨文書壇領軍人物張大順
東京中国文化中心挙辦甲骨文書法芸術展

このページのトップへ

関連書籍

張大順の甲骨文書法ー入門編

張大順の甲骨文書法ー入門編

甲骨文の基礎、用筆技法〜臨書を丁寧に解説

著者:張 大順
 
張大順 甲骨文蘭亭叙

張大順 甲骨文蘭亭叙

古今不滅の名筆「蘭亭叙」を甲骨文で表現。

著者:張 大順
 
 
張大順 石鼓文千字文

張大順 石鼓文千字文

習字の基本とされた千字文を石鼓文で表現

著者:張 大順
 
張大順 木簡千字文

張大順 木簡千字文

習字の基本とされた『千字文』を木簡で表現

著者:張 大順
 
 
張大順 金文千字文

張大順 金文千字文

習字の基本とされた『千字文』を金文で表現

著者:張 大順
 
張大順 甲骨文千字文

張大順 甲骨文千字文

習字の基本とされた千字文を甲骨文で表現

著者:張 大順
 
 

このページのトップへ