ホーム > お知らせ > 第47回 魁心書法院展

第47回 魁心書法院展

本イベントは無事終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

魁心書法院」の第47回作品展(併催:五人展)が、7月19日より、木更津のかずさアカデミアホールにて開催されます。

 

 

魁心書法院」は「極めるシリーズ」をはじめ、小社にて多数の書籍を執筆いただいている、幕田魁心先生が主幹をつとめられています。同院では、徹底した形似による古典臨書を、書の学習法の基本理念として研鑽を積み、「自己の書の確立」を目指しております。

第47回 魁心書法院展

会期:2014年7月19日(土)~21日(月)

時間:10:00~18:00(最終日は15:00まで)

会場:かずさアカデミアホール

千葉県木更津市かずさ鎌足2-3-9

電話 0438-20-5555

※7月20日(日)13:00〜14:30「ニューヨーク展からみえるもの」と題した幕田先生の講演と、席上揮毫を行います。


2014年4月4日~4月6日、ニューヨークで開催された、NY Art Expo2014 (Kaishin Gallery)にて、幕田先生の書が展示されました。その様子も紹介されている幕田魁心先生のHPは→コチラ

このページのトップへ

関連書籍

五体で書く四字書(上) 

五体で書く四字書(上) 

ニーズの高い四字書を五書体で書き分ける!

著者:幕田 魁心
 
書で心を伝える年賀状

書で心を伝える年賀状

心に響く年賀状で、感動を与え絆を深める!

著者:幕田 魁心
 
 
幕田魁心の書

幕田魁心の書

書業50年の集大成である幕田魁心作品集

著者:幕田 魁心
 
書家と画家が旅するシルクロード

書家と画家が旅するシルクロード

シルクロード憧憬を「書画一体」で表現。

著者:幕田 魁心
沈 和年
 
 
読んで観て楽しい百人一首

読んで観て楽しい百人一首

読めて尚且つ美を鑑賞できる新しい仮名表現

著者:幕田 魁心
 
五体で書く三字書 

五体で書く三字書 

三字句・48句を、五体の創作実例にて収録

著者:幕田 魁心
 
 
創作への道(隷書編)

創作への道(隷書編)

「独創的な書の世界」を拓く方法論を展開。

著者:幕田 魁心
 
五体で書く二字書

五体で書く二字書

45句を五書体で揮毫した格好の実例集。

著者:幕田 魁心
 
 
創作への道(草書編)

創作への道(草書編)

草書に挑戦し、感性を磨こう!

著者:幕田 魁心
 
ステップアップ書道

ステップアップ書道

なぞり書き、清書で基礎から一人で学べる!

著者:幕田 魁心
 
 
書でめぐる 房総文学の旅

書でめぐる 房総文学の旅

房総ゆかりの歌を、美しい写真と書で表現

 
五体で書く一字書

五体で書く一字書

「一字」を篆隷楷行草の五書体で様々に表現

著者:幕田 魁心
 
 
創作への道(行草編)

創作への道(行草編)

行書の段階的な手ほどきをしてくれる独習書

著者:幕田 魁心
 
創作への道(楷書編)

創作への道(楷書編)

書学中級・上級者待望、そして必携の一冊。

著者:幕田 魁心
 
 
グランパからの贈りもの

グランパからの贈りもの

自在な筆で日本のむかし話を見事に表現。

 
書で奏でるこころの歌

書で奏でるこころの歌

筆を楽器にして曲を奏でた意欲作。

著者:幕田 魁心
 
 
桜花爛漫

桜花爛漫

万葉から現代までの桜の詩歌を書で表現。

著者:幕田 魁心
 
書の風景

書の風景

すべての書体を自在に操り、多彩に表現。

著者:幕田 魁心
 
 
古代文字 書のロマン

古代文字 書のロマン

平易な字源解説と古代文字の名跡を併記。

著者:幕田 魁心
 
極める!篆書

極める!篆書

個性的な篆書の世界を自由自在に表現。

著者:幕田 魁心
 
 
極める!漢字かな交じり書

極める!漢字かな交じり書

漢字とひらがなを自由自在に作品に表現。

著者:幕田 魁心
 
ひらがな・カタカナ字典[極める!漢字かな交じり書]

ひらがな・カタカナ字典[極める!漢字かな交じり書]

書作に役立つひらがな・カタカナの字例集。

著者:幕田 魁心
 
 
極める!草書

極める!草書

草書の名跡を具体的に解説、創作へと展開。

著者:幕田 魁心
 
書になった童謡たち

書になった童謡たち

童謡七十一作を「書」として表現!

著者:幕田 魁心
 
 
極める!行書

極める!行書

行書の名跡を具体的に解説、創作へと展開。

著者:幕田 魁心
 
極める!隷書

極める!隷書

隷書の名跡を具体的に解説、創作へと展開。

著者:幕田 魁心
 
 
極める!楷書

極める!楷書

字形・用筆の特徴を、細かく分析・図解。

著者:幕田 魁心
 
 

このページのトップへ