ホーム > 書籍検索
1~10件 (全15件) | 1 |  2  | 次の10件
印章の道
書名 印章の道
副書名 メソポタミアから日本へ
概要 篆刻とは何か?そもそも印章とは?日本・中国を超え、その源流を求め、自らの足で幾度もその道を辿る、印章の変遷を探求した意欲作。
ジャンル 書道 >  篆刻
書道 >  書道研究 >  文房四宝
考古学・歴史
著者 小田 玉瑛
前田 行貴
ISBN 9784839311506
出版年月日 2012/10/25
定価 本体3,800円+税
 

このページのトップへ

書道用紙とにじみ
書名 書道用紙とにじみ
概要 電子顕微鏡写真や実験の検証結果をもとに「にじみ」のメカニズムを解明
ジャンル 書道 >  書道研究 >  文房四宝
著者 為近 磨巨登
ISBN 9784839311353
出版年月日 2011/12/10
定価 本体1,800円+税
 

このページのトップへ

印石英華
書名 印石英華
概要 質感・色の再現性にこだわった最高品質の写真図版にて、 優れた古印材・五十六点を、その解説を添えて紹介!
ジャンル 書道 >  篆刻
書道 >  書道研究 >  文房四宝
千鳥出版企画発行
著者 近藤 泰
ISBN 9784839386214
出版年月日 2011/03/10
定価 本体15,000円+税
 

このページのトップへ

墨のすべて
書名 墨のすべて
概要 墨が生まれてから明・清墨に成長するまでの過程を、硯の解説も含め、科学的な視点から見直しながら、わかり易く解説。
ジャンル 書道 >  書道研究 >  文房四宝
著者 為近 磨巨登
ISBN 9784839311100
出版年月日 2010/12/10
定価 本体2,200円+税
 

このページのトップへ

貫山夜話
書名 貫山夜話
概要 本書は戦前・戦後日本における中国硯の研究第一人者である坂東貫山の語りを記述した月刊誌「日本美術工藝」の連載を複製合本した。
ジャンル 書道 >  書道研究
書道 >  書道研究 >  文房四宝
千鳥出版企画発行
著者 貫山夜話発行委員会
ISBN 9784839386207
出版年月日 2010/05/15
定価 本体2,800円+税
 

このページのトップへ

写真で知る 墨・硯・紙
書名 写真で知る 墨・硯・紙
概要 墨(94枚)、硯(77枚)、紙(56枚)総計227枚の電子顕微鏡写真により常識・通説とされていた事を覆し、真実の姿に迫る。
ジャンル 書道 >  書道研究 >  文房四宝
著者 為近 磨巨登
ISBN 9784839319724
出版年月日 2009/09/28
定価 本体2,800円+税
 

このページのトップへ

墨と硯と紙の話
書名 墨と硯と紙の話
概要 新しい視点から、墨・硯・紙の本質に迫る本書は、これまでの様々な俗説を電子顕微鏡を駆使し写真で紹介しながら覆していく。
ジャンル 書道 >  書道研究 >  文房四宝
著者 為近 磨巨登
ISBN 9784839318154
出版年月日 2003/12/10
定価 本体2,500円+税
 

このページのトップへ

図説 歙州硯
書名 図説 歙州硯
概要 端渓硯とともに二大名硯として賞賛される歙州硯の名硯たる理由を豊富なカラー図版と共に、詳細に解明した待望の書。
ジャンル 書道 >  書道研究 >  文房四宝
著者 竹之内 幽水
ISBN 9784839336134
出版年月日 1994/04/30
定価 本体5,340円+税
 

このページのトップへ

図説 端渓硯
書名 図説 端渓硯
概要 文房研究の権威が、多年に亘る文献研究と実物調査に加えて、直接産出現場を踏査し、名硯の歴史と実際を解明した画期的概説書。
ジャンル 書道 >  書道研究 >  文房四宝
著者 相浦 紫瑞
ISBN 9784839335922
出版年月日 1992/12/25
定価 本体5,340円+税
 

このページのトップへ

文房入門講座 (鑑賞篇)
書名 文房入門講座 (鑑賞篇)
ジャンル 書道 >  書道研究 >  文房四宝
著者 相浦 紫瑞
ISBN 9784839333218
出版年月日 1982/06/10
定価 本体2,300円+税
 

このページのトップへ

1~10件 (全15件) | 1 |  2  | 次の10件